クラブテーマ   『一致団結』

会長写真

■会長  谷 政人

○2017~2018年度RIテーマ
「ロータリー:変化をもたらす」 ROTARY : MAKING A DIFFERENCE

○2017~2018年度RI会長
イアン H.S. ライズリ―会長 (オーストラリア、サンドリンガム・ロータリークラブ所属)

○クラブテーマ 「一致団結」
  「一致」とは、心を一つにすること   「団結」とは、複数の人たちが力を合わせること

<会長方針>
RIテーマは「ロータリーに変化をもたらす」です。そして地区の基本方針は「ロータリーの原点を再確認し2640地区の新たな躍進を」となっております。  これををもとに会長方針といたしまして、会員の減少、それによる各委員会の負担増などいろいろな問題の多い中、こういう時こそ会員同士が「一致団結」し、心を一つにして新しい河内長野ロータリークラブの運営を行って行きたいと思っております。「一致団結」というありふれた言葉ではありますが、個々の考えを持つ人達、特に社会的地位の高い人が心を一つにして力を合わせると云うことはなかなか難しいことです。そこで、私としましては、まずは親睦を深めることから始め、そんな中で楽しい魅力あるロータリークラブの例会・運営実現に努めたいと思っております。

<目標方針>
1.人と人との出会いを大切にし、暖かい心を持って接すること。
2.魅力、希望に溢れるクラブに。
3.毎週例会に出席したいと思う楽しいロータリークラブに。
4.あらゆる奉仕活動について勉強しつつ、実践できるように。


<年度計画>
・継続事業である作文コンクール、バレーボール大会の開催。
・新規会員増員(2~3名純増を目標)。
・親睦を通じ人とのさらなる結びつきを図る。